はじめてのフレンチブルドッグ

                

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

いずれ介護するときがきます 

 

ワンちゃんも、高齢になると介護が必要になります

正直、私も介護のことに関しては経験がありませんし
元気いっぱいのこの子を見ていると、想像ができず漠然としていますが・・。

先日、あるテレビ番組で、長年飼っている高齢のワンちゃんの介護が出来ない為
老犬専用の施設に預けている,ご家族の特集をやっていました。

このような施設があるんだ、とビックリしたのと、
なんでご家族がお世話してあげないの?
ワンちゃんだって飼い主さんと一緒にいたいだろうに・・。
なんて思いながら見ていましたら、預けた理由は
ワンちゃんの夜鳴きが続き
ご近所から苦情が出たそうで,泣く泣く預けられたと涙ながらにお話しされていました。

高齢になると,認知症になる子もいます。
代表的な症状は、夜鳴、きです。
排泄や食事の要求、寒い、痛いなど
体の不調を訴える為に、鳴く場合もあります。

飼い主さんも、苦渋の決断だったんですね。
私もテレビを見ながら泣きました。
飼い主さんが施設に行くと、ワンちゃんは必死で体を起こそうとしていた姿がとても印象的でした。

ワンちゃんは自分で排せつが出来ない為、職員さんが浣腸をしてウンチが出るよう促していました。
おしっこもうまくできない為、おむつをしていました。
寝たきりで,そして首が動かないので、ご飯は職員さんが食べさせていました。

いつかこういうときがやってきます。
ご自身のワンちゃんが,このような状況になったときの介護は可能ですか?
毎日、ワンちゃんのために時間と労力を犠牲にしなければいけません。

ワンちゃんには、こちらの都合なんて関係なくうんちやおしっこをします。
子犬の時ならなおさらです。具合が悪くなったら病院にも連れて行かなければなりません。
愛情だけでは解決できないお金の問題もあります。
高齢になってくると介護生活が待っています。

ペットを飼うと、間違いなくご自分の時間が今より少なくなってしまいます。

それを苦痛に感じてしまったり、ご自分のことを最優先したい方は
ペットを飼うのはあきらめられた方がいいかもしれません。
もう一度ご検討して下さいね。

category: フレンチブルドッグと暮らす前に

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://frenchbulldogmam.blog.fc2.com/tb.php/7-3cf18457
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。