はじめてのフレンチブルドッグ

                

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

フレンチブルドッグと一緒に暮らす前に・・ 

 

このページを開いて下ってありがとうございます(^^♪

「犬の十戒」という詩があります。
作者不詳のまま、広く世界に伝わっている有名な詩です。

愛犬と一緒に暮らし始めて3年になりますが、今でもとても共感できる詩です。
はじめてこの詩を読んだときは
ワンちゃんたちの心の声が聞けたような気がしたと同時に
愛情をもって育てなければいけないな、と強く思いました。

ぜひ、おつき合いください。

①私の一生はだいたい10年から15年です。
あなたと離れるのが一番つらいことです。
どうか、私と暮らす前にそのことを覚えておいてください。

②あなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するまで待ってください。

③私を信頼してください。それが私の幸せなのです。

④私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないでください。
あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。
でも、私にはあなたしかいないのです。

⑤話しかけて欲しい。言葉は分からなくても、あなたの声は届いています。

⑥あなたがどんな風に私に接したか、私はそれを全て覚えていることを知って欲しいです。

⑦私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいて欲しいです。
私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず
あなたを傷つけないと決めていることを。

⑧私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからといって叱る前に
私が何かで苦しんでいないか考えて欲しいです。
もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。
それか、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれないと。

⑨私が年を取っても、私の世話をしてください。あなたもまた同じように年を取るのだから。

⑩最後のその時まで一緒にいてください。
言わないで欲しい「もう見てはいられない。」「私ここにいたくない。」などと。
あなたが隣にいてくれることが私を幸せにするのだから。
忘れないで下さい、私はどこにいてもあなたを愛しています。


いざ、フレンチブルドッグを迎え一緒に暮らしてみると
しつけ本の通りにいかない、粗相をする、夜鳴きをする
など、小さなトラブルに見舞われるかもしれません。実際に私もそうでした。
しつけ本通りにはいかなくて粗相は日常茶飯事、噛み癖や吠え癖もなかなか改善されず・・
ワンコを飼われている方に相談をしたり、ネットで調べたり・・毎日が試行錯誤でした。

この先、平穏に過ごすことができるのかな・・と思ったこともありました。
けれど、吠えるには吠えるなりの理由があり、噛むのにも理由があるんですよね。

そんなワンちゃんの気持ちを理解するのにも、それなりに時間はかかりましたが
(今もわからないことの方が多いですが)
愛情を注ぐことは忘れず(・・といいますか、失敗が続いても顔を見ると可愛いので愛情を注がずにはいられないんですがね)
失敗を繰り返しながら根気よく教え、私も一緒に学びました。
未だ半人前のダメダメ飼い主ですが・・(汗)

根気がない私は、この子から
「根気とはこういうことだよ、かあちゃんわかったか?ウシシ・・」
と、教えられたような気がします。
「はじめて飼うんだから失敗は当たり前」なんて、ときには開き直りながら過ごしています。
根が楽天的な性格なので、すぐに開き直ってしまいます(^^ゞ

まだまだ問題が発生することもありますが
しつけを根気よく続けいくことも愛情だと思います。

性格も個性も様々・・。
もしかすると、人間の赤ちゃんを育てるくらいに大変なことかもしれませんが
幸せに暮らしていけるよう、労を惜しまず根気よく教育していきましょうね。

フレンチブルドッグという超個性的(笑)なワンちゃんを飼うのは初めてなんですから
あまり気負わず,失敗もたくさんして一緒に成長していきましょうね。
私は3年一緒に過ごしていますが,まだまだ初心者のようなもんです(^^)

失敗することで、気づくこともたくさんありますもんね。
私は未だに失敗しています。

飼い方の本や、しつけ本の通りに色々とやってみましたが
ほとんどうまくいかず、今では自己流です(汗)
プロのトレーナーさんが聞くと怒られるかもしれませんね。

それでも、この子が来てからというもの毎日が楽しくて面白くてしかたがありません。
今まで一緒に暮らしてきた中で感じたことは
「愛情」はワンちゃんにも伝わるということがわかりました。

しつけで行き詰ったりしても愛情だけは失わないで
最後まで可愛がってあげてくださいね。

ウィキペディアより
犬の十戒

category: 入口です

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://frenchbulldogmam.blog.fc2.com/tb.php/33-9a90eaeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。