はじめてのフレンチブルドッグ

                

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

フレンチブルドッグを迎える準備 

 

動物病院を決めましょう

大切な家族の一員になるフレンチブルドッグの健康を守るために
前もって、かかりつけの動物病院を見つけておきましょう。
子犬を迎えたら、最初に行くところは動物病院ですね。

病院には、できるだけお世話になりたくありませんが
病気予防する為の狂犬病予防接種や、毎年接種するワクチンやフィラリア予防
ケガや病気のときに、おつきあいが必要になります。

かかりつけの病院がないまま子犬が病気になってしまい
慌てて駆け込んでしまうと、誤診をされてしまう恐れもあります。

早めに病院の情報のリサーチをしておいた方が、多少の不安は解消されると思います。

動物病院検索

選び方の基準は様々ですが、基本的には自宅から近い所から探してみるのがいいと思います。
いくら評判がよくても、家が近くでないとすぐに対応してもらえませんからね。
私はまず、自宅から一番近い病院を選びました。
近くとはいっても、歩いては行けない距離なので車が必須なんですがね。

実際に診てもらって、対応がいまいちだと感じたなら
病院を変えればいいだけだと楽天的に考えていました。

ウチの子を引き取った際は、結膜炎と外耳炎を患っていましたので、
万が一緊急事態が起こっても、近くならすぐに行けるという理由からでしたので
病院を決めただけでも、不安は解消されました。
引取る際にいただいていたお薬が切れたときに、実際に診てもらいましたが
早い段階で完治し、体中にデコボコが出来てしまった時もすぐに治りました。

あまり色々なお薬を使いたくない先生でしたので、1種類のお薬とシャンプーを数回分いただき
シャンプーの使用法や洗い方を教えてもらい実行しました。
口数が少ない先生ですので、若干コミュニケーションが取りにくいですが(笑)
必要なことはきちんと説明してもらえますし、
なんといっても、愛犬の病気を治してもらえたことがなにより満足しています。

ですので、病院を変更する予定はありません。

ですが・・フレンチブルドッグの特徴として、皮膚の弱い子が多いようですので
決められた病院で改善しないようでしたら、皮膚病に強い病院をリサーチしなければいけませんね。

可能であるならば、身近にフレンチブルドッグを飼っておられる方や
お散歩中の愛犬家に聞いてみるのもいいですね。
口コミは良い病院を判断するには重要だと思います。
私は、ご近所さんに聞いてみたりしましたが
皆さんバラバラの病院でしたので、やはり一番近くの病院に決めました。

category: フレンチブルドッグを迎える準備

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://frenchbulldogmam.blog.fc2.com/tb.php/23-ceacebd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。