はじめてのフレンチブルドッグ

                

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

フレンチブルドッグの特徴 

 

性格と特徴

*明るい

*活発

*陽気

*フレンドリー

*人と遊ぶのが好き

*かまってくれる人が大好き

*好奇心旺盛

*愛想が良い

*頑固

*甘えん坊

*暴れん坊

*食いしん坊

*食い意地をはっている

*しょっちゅう目やにがついている(目が出ているため)

こんなところでしょうか^^

とても明るく活発で
個性的な容姿を持ち合わせているのが
フレンチブルドッグの特徴でもあります。

そして、フレンチブルドッグは人と遊ぶのが大好きです。

フレンチブルドッグとは思えないほどの運動能力の高い子もいます。

まさにウチの子がそうです(^^ゞ
足も速いです(すぐにバテてしまいますが)
あと、フリスビーをキャッチできないこと以外(笑)は運動神経抜群です。
サッカーボールで遊ぶときは、ペチャンコな鼻を使ってボールをコントロール。
かなりの腕前ですよ^^

ジャンプ力は161センチの身長の私の口元まで届きます。
フレンチブルドッグは、どちらかというと運動オンチのイメージがありましたが
まったくの正反対でしたので、走っている姿やジャンプを見た時は驚きました。
腰痛にならないか心配したほどです。

飼う前には、色んな本を読んでみましたが「フレンチブルドッグの特徴」の
ページの中には「運動能力が高い」とは書いてありませんでした(^^ゞ

フレンチブルドッグは、陽気で愛想がよい性格の子が多いようですね。
ウチの子は怖がりなので、家族以外は愛想が悪い感じの悪い子かもしれません(^^ゞ
そして、とても甘えん坊なので、飼い主に寄り添うことに幸せを感じます。
(私も幸せすぎてメロメロになっちゃいます^^)

ウチの子は夜、寝るときは必ず家族の誰かの所へ行き
身体を密着させてから眠ります。
ですので寝ている間は常にこの子の身体がひっついた状態です(笑)
ときには、私たちが使っているまくらに同じように頭を乗せて寝てみたり・・。

座卓では、夫婦や家族で座っていると必ずその間(テーブルの下)に来て
私達が席を離れるまでは、その場所で寝てみたりおもちゃを持ってきて遊んだりしています。
常に近くにいたいです、といった感じですね。

イスに座っている時は時々、膝の上に乗り寝ています
「乗りたい乗りたい」とアピールしてきます。
「ネコか?!」とつっこみながら、冬は重めの湯たんぽ代わりになってくれています(笑)20124195.jpg


甘えん坊といえば、俳優の勝村政信さんの愛犬のフレンチブルドッグの「のぼる」くんは、
ウチの子とは違い、勝村さんが帰宅をしても出迎えないんだそうです。
必ず帰ってくるという安心感からでしょうかね。
勝村さんとは、常に距離を置いている・・
そういった男らしい性格ののぼるくんですが
寝るときだけは甘えん坊になり、必ず勝村さんのお布団の中に入ってくるそうですよ。

いびきはすごいらしいですが(笑)
どこも同じなんだな~と微笑ましく思いました。

のぼるくんは耳が聞こえないらしく勝村さんとはアイコンタクトでやりとりをするそうです。
写真を見ましたがのぼるくん、顔が勝村さんにそっくりでした(笑)
飼い主に似るってもしかするとウソではないのかもしれませんね。

あ、いびきはすごいですからね^^
フレンチブルドッグを飼うと決められた方は
そのこと頭の隅に置いておいてくださいね(笑)
おそらく本にはいびきのことは書いていないかもしれませんので^^

いびきもとても愛おしく思えてきますので、苦痛にはならないと思いますが
寝不足には気をつけて下さいね^^

フレンチブルドッグの性格のひとつ、頑固な一面もあります。
一度、自分のモノだと思ってくわえると、なにが何でもはなしません^^;
「これ、ぜーったいわたしのものなんだから!」とスゴイお顔でくわえています^^;

私が取ろうとしても、なかなかはなさないので
上の方に持ち上げると体がぶら下がった状態になっています^^;

よく言えばガマン強く、少々のことではへこたれないように思います。
ご飯もお行儀よく待つことができますし「遊んで」の催促をしてきても
こちらがアクションを起こすまできちんと待ちます(しつけの成果にもよりますが)

ウチの子は、たまに早く遊んでほしくて待ちきれず前脚を使って
「早く遊んで」と、私たちの体にタッチをしてきます。

フレンチブルドッグは、愛情を持って接してくれる飼い主さんが大好きです。
わが家では、夫のことが1番好きです。
夫は、いけないことをすると叱ります、夫が叱るとすぐさま仰向けになり
「すみません」と、お腹を見せています(笑)
(お腹を見せる行為は服従のポーズです)

愛情を持って叱っているのが愛犬にもわかるのでしょうか・・夫のことが1番大好きです。
私もかなりの愛情を注いでおり、夫より愛犬と過ごす時間も長いですが
主従関係では、どうやら私は2番の様です。

夫が帰って来る頃になると、玄関に近い部屋に移動をし、ひたすら待っています。
帰宅の時間はバラバラですが,夜=「とーちゃんが帰って来る」といった構図なのかもしれませんね。

ウチの子は,おっとりしたタイプではありませんが
おっとりした性格の子や、やんちゃな性格の子、気の強い性格の子
臆病な性格の子等、様々ですがフレンチブルドッグに限らず、
ワンちゃんの性格は両親からの遺伝が7割、残りの3割は飼育環境やしつけで決まるようです。

親犬がよく吠える場合は、子犬もよく吠える子になり、
親犬がおっとりやさしければ、子犬もおっとりやさしい子に育つ傾向にあるようです。

あと、親犬や兄弟犬と早い時期に引き離された子も社会性に乏しく
中には問題行動をとる子もいます。
遺伝的な問題は、ゼロにはならないかもしれませんが
飼い主さんもワンコも幸せに暮らすためには、しつけはとても重要になってきますね。

よくいわれている男の子だからやんちゃ、女の子だからおとなしいということはありませんよ。
ウチは女の子ですが、かなりのやんちゃですからね(笑)

カラーによっても性格が違うといわれていますが、それも全く根拠がなく性格とは関係ありませんよ。

ウチの子は褒めると、とても得意気なお顔をします^^

私たちが笑うといっしょに嬉しそうな顔もします。
初めはわかりませんが,だんだん感じるようになりますよ^^

お利口にできたときは、褒めてあげて下さいね。
いけないことをすると、叱ったりもしますが思うことは
叱ることより、褒めることに重きを置いた方が
ワンちゃんのしつけには有効な気がいたします。

たくさん褒めてあげて下さいね^^

category: 特徴

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://frenchbulldogmam.blog.fc2.com/tb.php/14-479873c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。