はじめてのフレンチブルドッグ

                

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

フレンチブルドッグの特徴 

 

外見

フレンチブルドッグって本当に個性的な外見ですよね。

この容姿が、フレンチブルドッグの特徴のひとつでもありますね。

毎日、見ていて飽きないです。
フレンチブルドッグの特徴といえば、マズルがほとんどないので鼻ぺチャですね。
そしてブルドッグを小さくしたような外見。

大きなコウモリ耳にまんまるとした大きな目、いつも笑っているような大きな口ですね。
小型犬ですが、骨量が多く筋肉質でガッチリとした力強い体型も
フレンチブルドッグの特徴でもあり魅力でもあります。
小型犬とはいえ、体重は10キロ前後あり存在感たっぷりです^^

フレンチブルドッグの特徴でもう一つ「尻尾の短い子」が多いですね。
なので、尻尾で感情表現を読み取ることが非常に難しいです。
けれどその分、本当に表情豊かですよ。

嬉しいときは目がキラキラしています^^
体中で表現してくれます^^
悲しいときや、申し訳ないと思っている時なんかは
本当に悲しい表情をします。

ウチの子は、フレンチブルドッグにしては珍しく長めの尻尾なので
感情を読み取ることが可能です。嬉しい時は尻尾とお尻をフリフリ。
1日中一緒に過ごしていても、私がお手洗いに行き出てくると尻尾を振って大喜びします(笑)
それプラス表情が豊かなのと、体中でも表現してくれるので、とてもわかりやすいです。

正面から見るフレンチブルドッグの姿は、頭が大きめで全体的に四角く見えます。
これまたウチの子は珍しく今流行??の小顔で、脚も長めなので
たまにボストンテリアに間違われます^^

フレンチブルドッグの特徴のひとつ「鼻ぺチャ」「深いシワ」「スムース(短毛でビロード状)の毛質」ですが
特定の遺伝子の働きではなく、似た容姿(ブルドッグやパグやテリア)を交配して定着させていったと考えられます。

「深いシワ」に関しては、近年、犬種の特徴を決める遺伝子の研究が進み
2010年には犬のシワを作る働きをする遺伝子が発見されました。
今のところ確定している犬種はチャイニーズ・シャーペイという犬種のみです。
短頭種のフレンチブルドッグやパグ、ボストンテリアのシワとの関係はまだ不明のままです。

今後の研究で、シワの秘密が明らかにされ科学的なロマンに浸りたいですね。
鼻ぺチャ、深いシワ・・フレンチブルドッグの特徴をトータルすると「ひょうきんな容姿」や
「陽気な性格」にたどりつきますが
いずれにしても、どのパーツをとっても愛嬌たっぷりの可愛さに
「フレンチブルドッグを飼いたい」と思われる方は多いかもしれませんね。

category: 特徴

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://frenchbulldogmam.blog.fc2.com/tb.php/11-56ee0b40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。