はじめてのフレンチブルドッグ

                

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

寒さ対策~わが家のフレンチブルドッグの飼い方~ 

 

かーちゃん・・こたつとヒーターはいつ出してくれるんですか??
201310312.jpg

すっかり秋らしくなりましたね(^^♪

家の中でのバブは・・

暑いときは「涼」を求め
涼しい場所を探しくつろぎ・・

寒いときは「暖」を求め
暖かな場所を探し
こうやってお布団の中に
潜り込みます(*^_^*)

かーちゃんのにおいが染みついている
お布団が大好きで潜り込みます(*^_^*)
しつけ上、よくないんでしょうけど・・(^^ゞ

でも、もっと好きなのは
家族の足のにおいがたくさんこもる
「こたつ」でしょうか(^u^)

暖かいうえに、大好きな人たちのにおいが
充満・・(^^ゞ
だから、かーちゃん早くこたつだしてください


寒くて潜っていても「バブちゃんロープは?」
と、声をかけると、速攻でお布団から飛び出し
寒いことなどすっかり忘れて、遊びモード全開です。



今日も日中は、グランドに行き
いっしょに運動(*^_^*)
日が差しているので
走ると汗ばみました。

バブちゃんの楽しそうに走っている姿が
たまらなく可愛くて、写真に収めたいのですが
なかなか叶わずじまい・・(T_T)

こたつ&ヒーターはもうちょっと先かな(^^♪

昼夜の温度差が大きいときは、お腹を冷やさないよう
ハウスの中などに、毛布やフリースなど敷いてあげて下さいね。


おつき合いいただきありがとうございましたm(__)m
2013830.jpg







スポンサーサイト

category: わが家のフレンチブルドッグの飼い方

tb: 0   cm: 2

△top

犬の成長と人の成長の年齢比較 

 

犬と人の成長
犬の成長と人の成長の年齢比較

犬の成長は人よりも早く、生後1年ほどで大人(成犬)になります。
子犬の時期の半年あまりは、飼い主さんにとって貴重な時間といえるかもしれませんね。

犬の成長はとても早いので、この時期にしつけをしてあげてくださいね。
わが家の子は、生後10か月のときに迎えた子でしたので
しつけの時期は、少し遅れたかもしれません。
ですので、少々時間がかかりましたし、今現在もしつけをしています。

成犬になってからの問題行動を直すことは可能ですが
子犬のときにしつけるよりは時間がかかり、根気もいります。

子犬からのしつけも根気と努力が必要ですが
成犬時にしつけをするよりかははるかに簡単だと思いますよ。

私達家族は、フレンチブルドッグを飼うのは初めてで初心者でしたので
共に成長しているという感じです。
今でも、わからないことがあり調べたりしています。


先日は、生まれて初めて「要求吠え」をしました(^^ゞ
「ベランダに出たいから窓を開けてください」って。
大人になってから・・なんてこともあるんですね(*^_^*)
初めは何故、吠えているのかわからなかったんです(汗)

「何年いっしょに住んでるねん!」と突っこんで下さってけっこうです(*^_^*)
ウチの子も、私に対してそう思っているかもしれません(^^ゞ

子犬の時期に、たくさんの経験をさせて
ワンちゃんと楽しい時間を過ごして下さいね。

category: 犬は1年で人間でいうと17歳くらいになります

tb: 0   cm: 0

△top

たくさんの人に会いましょう 

 

たくさんの人に会うことで、家族以外の人にも
怯えなくなります。
小さいうちから人に慣れておくことは大切です(^^)

抱っこをしてのお散歩のときに、人に出会ったら
軽く胸を撫でてもらいましょう。
いきなり頭の上から、手を差し伸べると怖がる子もいます。

アゴの下に手を持っていき、匂いを嗅がせて
そのまま喉や首や胸を撫でてもらって下さいね。
笑顔で、声を掛けながらが撫でてもらうのが良いですね。

こうすることで、家族以外の人にも
平気な子になります。

男性、女性、子ども、年配の方、色んなタイプの人に
会わせて撫でてもらいましょう。

おやつをあげてもらうのもおススメですよ(^◇^)

ウチの子は、迎えたときにはすでに遅し(笑)
色んな人が会いに来てくれましたが
吠えながらおやつをもらっていました(^^ゞ
フレンドリーどころではありません。
未だにこの状態です(^^ゞ


やはり、早い時期から人と接することが大切です(^^)



category: はじめてのお散歩

tb: 0   cm: 0

△top

犬と飼い主は目が似てる!?~わが家のフレンチブルドッグの飼い方~ 

 

犬と飼い主は目が似てる?!

よく、ワンちゃんを選ぶときは、自分に似た子を選ぶ・・なんて話を聞きます(^-^)

毎日、お散歩で出会うワンちゃんや飼い主さんと出会うと
確かに「似てるな~」って思います。
いっしょに生活をすると益々、似てくるんでしょうかね~(^^ゞ

私も最近、とーちゃんに「かーちゃんとバブ、似てきたね~」と言われます(*^_^*)
え?私もフレンチブルドッグの顔?ほっぺがぶら下がってる?
ん~~・・どういうリアクションをすればいいのやら・・(^^ゞ

待ちに待ったご飯の時間です(^-^)
20131030.jpg

今日は手作りも加えました。
何も味付けはしていませんが
フードのみのときとは違って
食いつきが良いです。

しつけの中に、食事は「ワンちゃんよりも人を優先」
と言われています。

わが家はどのように食べるかは日々、家族の状況に応じてですが
家族が揃っているときは、いっしょに食べています。
私たちはその方が幸せだからです。

ケージの中で待たせたこともありましたが
やっぱりいっしょの方が楽しいのでそうしています。

たまに、私たちの食べているものが欲しくて欲しくて
たまらないときは、テーブルの上に脚を乗せてくるときもありますが
そこはキチンとダメといいます。
そしたらすぐにやめます、、よだれを垂らしていますが・・。

間違っているかもしれませんが
いっしょにご飯を食べるのって、とても楽しいです^^



category: わが家のフレンチブルドッグの飼い方

tb: 0   cm: 0

△top

色々な音をききましょう 

 

社会化不足の子は、怖がりな子が多いです(ウチの子がそうです)
早い時期から、色々な音を聞かせてみましょう。

おうちでは、掃除機、洗濯機の音、玄関のチャイムなど
生活音を聞かせましょう。
子犬が遊んでいるときに、近くで掃除機をかけてみたり
洗濯機をかけてみたり、少しずつ音を聞かせてみます。

外では、2回目のワクチンが終わって様子を見ている時期でしたら
抱っこをして、騒がしい場所にも行ってみましょう。

車の通る道路や、踏切、工事現場や賑やかな商店街など
騒がしい場所にも連れて行って下さいね。

ウチの子は、車や賑やかな場所には怯えないのですが
カミナリの「ゴロゴロ」といった音や
一番よく吠えるのは
自宅前のマンションの共有廊下を通る宅配などの台車の音と
玄関チャイムの音にもとても反応します。

雷の音は「大丈夫だよ」と声をかけます。
効果があるかどうかはわかりませんが・・(^^ゞ

台車の音=宅配業者さんはウチの子にはセットになっており
怖い存在ですので
チャイムが鳴ると、夫がいるときは抱っこをしてもらい
玄関から入ってくる宅配の人を見てもらい
「怖くないからね」と教えています。

4歳になった今でもやっています。
もしかしたら、ずっと怖いままかもしれません。
でも、少しでも不安を取り除いてあげたいと思っていますので
根気がいりますが続けます(^^)






category: はじめてのお散歩

tb: 0   cm: 0

△top

いっしょに運動~わが家のフレンチブルドッグの飼い方~ 

 

今日は、気候も良かったのでグランドに行って
たくさん走りました(^◇^)
気持ちよかったね~(^-^)

かーちゃん、お互い肥満に気をつけましょうね
20131029.jpg

フレンチブルドッグは食いしん坊ということも重なって
肥満になりやすいと言われています。

ワンちゃんは自分でお散歩には行けません。
でも「毎日お散歩に行かなければいけない」
「何分以上歩かせないといけない」
「1日○回連れて行かなければ」と決めてしまう必要はありません。

時間もコースもバラバラでかまいませんし
毎日でなくてもいいので(ウチは雨の日は行きません)
気分転換にもなりますので
短い時間でも、お散歩で運動不足や肥満解消に努めましょうね。


肥満は人にとってもワンちゃんにとっても大敵です。
「健康で長生き」には、運動は必要不可欠です(^^)

ウチの子は「お散歩大好き!」といったわけではありませんが
運動のために、ほぼ毎日行っています。
1日1回のときもあれば2回のときもあり。

1時間歩くときもあれば30分、15分のときもあり^^
なんでもかんでもバラバラなので
「かーちゃん外に行こ!!」なんて吠えることはありませんよ^^






category: わが家のフレンチブルドッグの飼い方

tb: 0   cm: 2

△top

社交的なフレンチブルドッグ 

 

ワンちゃんを飼うのは初めて、フレンチブルドッグを飼うのは初めて
フレンチブルドッグについて勉強しなきゃ・・と
私が最初に読んだ本は「飼い方」「しつけ方」といった本です(^^)

読んだり調べたりしていくうちに
初心者の私の頭には全くなかった
ワンちゃんの「社会性」の訓練。

トイレトレーニングやハウスのトレーニングのことくらいしか
知らなかった私は、知れば知るほど
人と動物と共存していくには、社会性はとても大切なことなんだと
学びました。

実際、ウチの子は社会性が全くないわけではありませんが
相当な怖がりです。
人やワンちゃんがとても苦手です。
興味はあるようですが接し方が、分からないような感じです。

とても明るくて陽気な性格ですが
人とワンちゃんはどうしても苦手です。

里親で迎えた子ですが、ウチで飼う前の飼い主さんも
ワンちゃん同士の接し方が、わからないようだったと
お話されていました。

これは想像ですが
ウチの子は、生まれてから犬社会を学ぶ前に
母犬や兄弟犬と、引き離されたんじゃないかな・・
と思っています。

子犬は本来、母犬や兄弟犬達と過ごし、犬社会を学びます。
そして飼い主さんの元で、人や音や他の動物と触れ合うことで
社会性を身につけていきます。

もともとフレンチブルドッグは、明るくてフレンドリーな性格です。
小さいうちから、人や他のワンちゃんと接する機会がなければ
臆病で、怖がりな子になってしまうこともあります(ウチの子がそうです)

生後3~4ヶ月半頃は、社会化期とよばれる時期にあたります。
この頃ですと順応性も高く、恐怖心もない時期ですので
何でも吸収します。
色々な人に会い、音を聞き、たくさんの動物と会って
フレンドリーなフレンチブルドッグに育ててあげてくださいね。

category: はじめてのお散歩

tb: 0   cm: 0

△top

一日中遊んでいたいんです~わが家のフレンチブルドッグの飼い方~ 

 

フレンチブルドッグは
遊ぶことが大好きです。

ウチの子はず~~っと遊んでいたい子です。
私が朝、目覚めると顔の周りはおもちゃだらけです(笑)
起きたらすぐに遊んでほしいので、側において遊ぶ準備をしています(^^ゞ

わが家は、室内では主にロープの引っ張りっこですが
とにかく、フレンチブルドッグという犬種は
顎の力がすごいので、私の手が引きちぎれそうになります(笑)

そして、興奮して唸りながら引っ張っています(笑)
この顔がまたたまらなく可愛いんです(親バカですみません)

ワンちゃん初心者・・フレンチブルドッグ初心者の私は飼う前に
フレンチブルドッグについてのリサーチをしましたが
「遊ぶことが大好き」
までは書いてありますが
顎の力がすごくて力がハンパなく強い・・
とまでは書いてありませんでしたので
飼いたての頃は、あまりの力強さにビックリしたもんです(^^ゞ

元は闘犬ですものね(^◇^)

飼った当時は、主従関係がぼけていましたので
私はバブより下の下・・だったのでしょうか・・
遊び終わって「おしまい」なんて言おうものなら
「イヤだ!もっと遊んで!」と
顔をめがけて、飛びかかってきていました(^_^;)

おとなしい子なら、こんなことはないと思うのですが
ウチの子はやんちゃですから「もっとたくさん遊びたい!」
ですからね(^^ゞ

さすがに今は、お姉ちゃんになってくれましたので
「おしまい」というと潔く諦めて
お水を飲みに行っています(笑)

力強さは今も変わらず、すごいですよ。

フレンチブルドッグは遊びが大好きなので
遊んでくれる人が大好きです(^◇^)

お留守番をさせることが多いご家庭の人は
できる限り、たくさん遊んであげてストレス発散させてあげてくださいね。

かーちゃん、もっとたくさんあそんでください
2013915.jpg

フレンチブルドッグは、個体によっては人が考える以上に
神経質なところがあります(ウチがそうです)
飼う前は、フレンチブルドッグに神経質な子がいるだなんて
想像もしていませんでした。

遊んでもらえなかったり、無視される日がつづくと不安に思い
精神的にストレスがたまります。

行動や体にあらわれる子もいます。
代表的な例は、慢性的な下痢ですね。

ウチは、大好きなボスのとーちゃんが仕事などで部屋に
こもりっきりになるときがあります。
そのときは、前足をなめ続けます。

「なんでお部屋から出てこないの?」
「とーちゃんと遊びたい・・」
なんて、思っているのでしょうか。
部屋の前で鳴くときもあります。

甘やかせて育ててしまったせいもありますが
日頃はたっぷり愛情を注いでいても
うちのような例があります。

こういうときのしつけって
どうすればいいんだろ・・と悩んでしまいます。

馬鹿な私は
「とーちゃんはお仕事だからね」
なんて声かけをしていますが・・。
伝わっているのかいないのやら・・。








category: わが家のフレンチブルドッグの飼い方

tb: 0   cm: 0

△top

はじめてのお散歩 

 

2回目のワクチンが終わってから1週間様子を見て
問題がなければ可能です。

それまででも、抱っこやキャリーバッグでのお散歩でしたら大丈夫でしょう。

体が弱い時期ですので、病気や寄生虫などに
接しないように気をつけてあげてくださいね。

バッグの中から、外を見せるだけでも十分です。
色々な音に慣れさせるために
騒がしい場所にも連れて行きましょう。



category: はじめてのお散歩

tb: 0   cm: 0

△top

フレンチブルドッグは室内犬です 

 

フレンチブルドッグの顔や体格を見ていると(失礼)
元々は闘犬だし・・外で飼えるでしょ・・?
なんて思ってしまうかもしれませんね。
いえいえとんでもありませんよ。
フレンチブルドッグは「室内犬」です。

私は、この子を飼う前は
「外でも飼える」と思っていました。

フレンチブルドッグは、見た目とは違って温度調節の機能が弱く
暑がりで寒がりです。
特に暑さには弱く、夏場はエアコンを24時間
かけっぱなしにしないといけないくらい、暑さに弱い犬種です。

ウチは、お散歩の時間は基本バラバラですが
夏だけは、できるだけ気温が低い時間帯に・・と
早朝4時や5時に行っています。夜も同じ理由で遅い時間に行くようにしています。
短い距離でも、帰宅後はハァハァ言ってバテています。

寒いのも苦手ですので、ウチの子は室内でもヒーターをつけていると
まん前に陣取って温まっているか、こたつの中に入っています(^^ゞ

そのくらい暑さや寒さに敏感で弱い犬種です。
外で飼うと間違いなく命の危険にさらされますので
必ず室内で飼育してくださいね。

室内でも、温度管理ができない環境での飼育は危険且つ困難です。

category: フレンチブルドッグを迎える準備

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。