はじめてのフレンチブルドッグ

                

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

子犬はいろいろなものをかじります 

 

フレンチブルドッグの子犬は成長期には、いろいろなものをかじります。
乳歯や永久歯の生え変わりの時期も、同じ行為におよびます。
口の使い方を覚えていくため、そして歯の成長を促すために
ガジガジすることは、必要なことだといわれています。

ウチの子は小さいときは、フリーにしているとなんでも噛んでいました
スリッパ、靴、靴下など。そして一番頻度の多かったのが
イスの脚やテーブルの脚です。

家具には、苦味成分の入ったワンちゃんの嫌いなニオイのスプレーを
振ったりしましたが、全く効果がなく必死でガジガジと噛み続けていました。
ですが、調べていくうちに子犬にとってガジガジする行為は
上記に書いた理由だと知ったとき
「家具ぐらいかじられてもいいや、24時間噛み続けるわけじゃないし」
なんて思っちゃいました。

そして、家具にスプレーを振ったことを後悔しました。
噛み心地が、家具に似たような木のおもちゃを与えた所、多少はごまかせました。
それでも家具の方が噛みごたえがあったのか、また家具をガジガジやっていました。

成長とともに、自然と噛まないようになっていきました。
成犬になった今、かまってもらえない時なんかは
たまに家具をガジガジする時がありますが、ダメと言えば止めてくれるので
ここは、子犬のときとは違ってお姉ちゃんになってくれたんだな
と、成長を喜んでいます(親バカでスミマセン)

子犬のうちは、噛むことは乳歯を抜けやすくするといった
メリットがあります。
永久歯を生えやすくするという意味でも、子犬はあれこれ噛みます。

ぜひ、噛みごたえがあるおもちゃも用意してあげて下さいね。
木のおもちゃは、かじっていくと小さくなり飲み込んでしまうこともありますので
注意して下さいね。
あと、木くずが散乱しますのでその光景にびっくりされませんように(笑)

ガジガジの軌跡
イス
2013110202.jpg

テーブルの脚①
201311023.jpg

テーブルの脚②
2013110201.jpg

パソコンラックの脚
20131102.jpg

スポンサーサイト

category: 子犬は色々なものをかじっちゃいます

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。