はじめてのフレンチブルドッグ

                

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

フレンチブルドッグの飼育グッズ 

 

先日、おもちゃを買いました^^
ガジガジするおもちゃです
20131205.jpg
「歯の生え始め」
「生え変わりのムズムズ感解消」
と、書いてあります・・。

やっぱり、子犬用^^;
かーちゃん・・間違えて買っちゃいました(汗)
でも、文句ひとつ言わないバブちゃん(笑)
20131201.jpg
たくさんガジガジしてくれました^^

子犬のときのお留守番はケージの中が多いと思います。
「ケージ、サークルは楽しいところ」
と、教えてあげて下さいね^^

ワンちゃんの、お気に入りのおもちゃは
お留守番に一役かってくれますよ^^

ただし、ぬいぐるみの様な噛んで中身が出てしまって
飲み込んでしまうようなものは誤飲してしまう
危険があります。

棒状の木のおもちゃも、かじっていくうちに小さくなり
飲み込んでしまう危険があります。
このようなおもちゃは、飼い主さんがお家にいるとき
目の届くところだけにしてくださいね。

ウチは棒状の木のおもちゃは小さくなったときに
飲み込んでしまいそうになり慌てました。
危険なので買わなくなりましたが今でも
家具をよくかじっています。
どうやら、木の噛み心地が良いようです。





スポンサーサイト

category: フレンチブルドッグの飼育グッズ

tb: 0   cm: 2

△top

フレンチブルドッグの飼育グッズ 

 

イヤーローション

ウチの子(フレンチブルドッグ)を飼う前は
立ち耳=清潔といった思い込みがあり
耳のトラブルはないかのなと、思っていました。

どちらかというと、耳が垂れている子の方が
耳の病気に、かかりやすいと思いこんでいました。
なので、引取ったときに外耳炎を患っているとわかったときは
少し驚きました。

ですが、フレンチブルドッグは脂漏体質ということもあり
耳に汚れが溜まりやすく、それが原因で外耳炎になってしまうケースもあります。

そのとき以来、耳のトラブルは一度もありませんが
日頃からの耳のお手入れは大切ですね。

爪切りも耳のお掃除も同様に、小さいうちから慣れておくことが
後々、飼い主さんが大変な思いをされなくて済みます。

病院で教わった耳掃除の仕方

1滴ほど、耳に垂らして耳の付け根をよくもみます。
そうすることで汚れが浮き出てきますので
綿棒か、化粧用のコットンで拭いてあげるといったものです。

簡単ですが、わが家はものすごく嫌がるので(私の場合)
四苦八苦です(^^ゞ
おやつをあげながら、なんとかやっています。
(ほぼ、とーちゃん任せですが・・)

お世話になっている病院で使っているものを購入。
病院での購入はちょっぴりお高いのでネットでの購入です(*^_^*)
201310315.jpg

汚れている場合は、毎日ケアしてあげてくださいね。
きれいな場合は、週に2~3回のお手入れをしてくださいね。

category: フレンチブルドッグの飼育グッズ

tb: 0   cm: 0

△top

フレンチブルドッグの飼育グッズ 

 

爪切り

爪切りには

*ギロチン型

*はさみ型

*電動型

があります。

ウチの子がお世話になっている病院では
ギロチン型の爪切りを使っています。
トリマーさんも、ギロチン型を使うことが多いようですね。
構造上、ギロチン型の方が爪への負担が少ないようです

ウチの子は、お散歩で自然に研がれているようですので
病院では、親指の爪をほんの少し切ってもらうくらいです。

爪が伸びすぎてしまうと
爪がはがれてしまったり
巻いた爪で肉球を傷つけてしまったりと
思わぬ事故につながってしまいます。

恥ずかしながら私は、この子の爪を
1度も切ったことがなく、未だ躊躇しています。

病院では、しおらしくしているので
スムーズに切ってもらっていますが
おそらく私の場合だと、暴れまくることでしょう・・(-_-;)

これで失敗すると、一生切らせてもらえないだろう・・
なんて思うとつい、病院に走ってしまうダメダメ飼い主です。

けれど、つい先日爪切りを購入しました。
201310313.jpg

201310314.jpg

高い所だと、おとなしくなるのでその作戦で実行してみようと思います。
あとは私の技術・・深爪しないように・・(^^ゞ

愛犬のために頑張るぞ(*^_^*)


category: フレンチブルドッグの飼育グッズ

tb: 0   cm: 1

△top

フレンチブルドッグの飼育グッズ 

 

ラバーブラシ

フレンチブルドッグは見かけによらず抜け毛があります。

ブラッシングの効果

*清潔を保つ(皮膚病予防にもつながる)

*毛のツヤを保つ

*ノミやダニの予防

*皮膚病の早期発見

*マッサージ効果

*血行が良くなる

*健康の促進につながる

ブラッシングによって様々な効果が期待されます。
いきなりのブラッシングは、嫌がる子もいますので
子犬のときから慣らしておきましょう。

フレンチブルドッグは皮膚の弱い子が多いので
肌あたりの優しいラバーブラシがおススメです。

ラバーブラシとは、ゴム状でできたブラシで、短毛犬種のワンちゃん向きです。
ブラッシングは、皮膚を刺激することにより血行を良くします。
清潔を保つためにも,こまめにブラッシングしてあげてくださいね。
201310262.jpg

201310263.jpg
ウチのはずいぶん使いこみ過ぎて先が丸くなっていますよね(^^ゞ


正しいブラシはこちら(*^_^*)↓
201310261.jpg



category: フレンチブルドッグの飼育グッズ

tb: 0   cm: 0

△top

フレンチブルドッグの飼育グッズ 

 

ゲート

キッチンの入り口や階段など
ワンちゃんにとって危険な場所や、玄関に飛び出してしまわないように
仕切るゲートがあれば安心ですね。

最近は軽量化されたものや、お洗濯が可能な布製や種類が豊富に出ていますね。
取り付け式や折りたたみ式もあります。
サイズはスタンド式ですと幅約90センチと120センチがあり
高さがそれぞれ60センチが主流のようです。

スチール製や木製、連結可能な商品や伸縮が出来る商品もあります。
それでもお部屋にあったサイズが見つからないようであれば
ベビーゲート(人間の赤ちゃん用のゲート)で検索してみるのもいいですね。

2013102310.jpg


201310239.jpg

ゲートは軽量の物でも、子犬のウチは動かせないかもしれませんが
フレンチブルドッグは力が強いので、大きくなると力任せにゲートを動かしてしまったり
知恵がついて、ぺチャ鼻を使って動かしてしまう可能性もありますので
軽量のタイプは工夫が必要になってくるかもしれませんね。

category: フレンチブルドッグの飼育グッズ

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。