はじめてのフレンチブルドッグ

                

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

いずれ介護するときがきます② 

 

介護の現実

11歳の高齢犬がいるお家に行ってきました^^
仲良しのお友達のワンちゃんですが
子犬のときから知っていて、よく一緒に遊んだり預かったりした仲ですので
久しぶりに会っても、とても喜んでくれます^^

ボーダーコリーと言う中型犬です。
とてもお利口な女の子です^^
20131208.jpg
11歳ともなりますと、おばあちゃんですので
日中はずっと寝ているそうです。
片耳が聞こえにくくなっていて
片方の目の視力はほとんどないとのこと。
そして、不整脈もあるそうです。

ちょくちょく粗相もあり、オムツをしています。
201312081.jpg

今はまだ、歩くことも立っていることもできていますが
友人は「いつまで立っていられるかな~・・?」
と、話していました。

これから、少しずつ介護が大変になるかもしれないけれど
それよりも、1日でも長く生きてほしいという思いの方が
強いと言っていました。

いずれ介護のときがやってきます。
まだ、想像ができませんが
ワンちゃんは人間よりも成長の
スピードが速いです。

しつけは大変ですが飼われると決めたら、精いっぱいの愛情を
注ぎましょうね。









スポンサーサイト

category: フレンチブルドッグと暮らす前に

tb: 0   cm: 0

△top

お部屋が不潔だと病気の可能性大?! 

 

フレンチブルドッグは、見た目とは違い毛が抜けるので
清潔にしているつもりでも部屋の中は常に毛が落ちています。
春と秋は換毛期ですので、抜け毛が特に多いです。

そして、フレンチブルドッグは皮膚が弱い子が多い傾向にあります。
なので、ハウスダストやダニが原因で、皮膚の病気にかかってしまう可能性もありますので
(ウチの子はこのことが原因で皮膚がぶつぶつになりました)
常に清潔を心がけなければいけませんので、毎日のお掃除は当り前です。

抜け毛だらけの不衛生な部屋ですと、ノミやダニがワンちゃんに寄生しやすくなります。
もしかしたら、フレンチブルドッグじゃなければ、お掃除も簡単で済むかもしれませんが
皮膚に敏感なフレンチブルドッグだと、お掃除もマメにしなければいけませんね。

飼い主さんの衛生観念は非常に重要です。

ウチの子は来た当初は、部屋のあちこちにマーキングやウンチをしていたので
家にいるときは、一日中何度も拭き掃除と掃除機をかけていたような記憶があります(笑)
家族の留守中はケージで過ごしますが
シーツを敷きつめていてもヨレてしまうので
結局、シーツのない所でのおしっことウンチですのでお掃除も大変でした。

カーペットにウンチをされたときは(しかもゆるめのウンチ)泣きそうになりました
今では笑い話ですが(^^♪
可愛いとはいえ「この生活いつまで続くんだろう」と不安になったこともありました。
これも、今では懐かしい話です(^^)


初めの頃は「え~~??ここまで必死に掃除しないといけないの~?」
なんて思ったものですが(~_~;)
今では慣れたのとあと、部屋が常に清潔。
フレンチブルドッグを飼うと、部屋が綺麗になるし
一石二鳥・・とプラス思考に考えています(*^_^*)

それでも、すぐにあちこちに毛が散乱していますが・・(汗)


category: フレンチブルドッグと暮らす前に

tb: 0   cm: 0

△top

いずれ介護するときがきます 

 

ワンちゃんも、高齢になると介護が必要になります

正直、私も介護のことに関しては経験がありませんし
元気いっぱいのこの子を見ていると、想像ができず漠然としていますが・・。

先日、あるテレビ番組で、長年飼っている高齢のワンちゃんの介護が出来ない為
老犬専用の施設に預けている,ご家族の特集をやっていました。

このような施設があるんだ、とビックリしたのと、
なんでご家族がお世話してあげないの?
ワンちゃんだって飼い主さんと一緒にいたいだろうに・・。
なんて思いながら見ていましたら、預けた理由は
ワンちゃんの夜鳴きが続き
ご近所から苦情が出たそうで,泣く泣く預けられたと涙ながらにお話しされていました。

高齢になると,認知症になる子もいます。
代表的な症状は、夜鳴、きです。
排泄や食事の要求、寒い、痛いなど
体の不調を訴える為に、鳴く場合もあります。

飼い主さんも、苦渋の決断だったんですね。
私もテレビを見ながら泣きました。
飼い主さんが施設に行くと、ワンちゃんは必死で体を起こそうとしていた姿がとても印象的でした。

ワンちゃんは自分で排せつが出来ない為、職員さんが浣腸をしてウンチが出るよう促していました。
おしっこもうまくできない為、おむつをしていました。
寝たきりで,そして首が動かないので、ご飯は職員さんが食べさせていました。

いつかこういうときがやってきます。
ご自身のワンちゃんが,このような状況になったときの介護は可能ですか?
毎日、ワンちゃんのために時間と労力を犠牲にしなければいけません。

ワンちゃんには、こちらの都合なんて関係なくうんちやおしっこをします。
子犬の時ならなおさらです。具合が悪くなったら病院にも連れて行かなければなりません。
愛情だけでは解決できないお金の問題もあります。
高齢になってくると介護生活が待っています。

ペットを飼うと、間違いなくご自分の時間が今より少なくなってしまいます。

それを苦痛に感じてしまったり、ご自分のことを最優先したい方は
ペットを飼うのはあきらめられた方がいいかもしれません。
もう一度ご検討して下さいね。

category: フレンチブルドッグと暮らす前に

tb: 0   cm: 0

△top

ケージの中はうんちまみれ?!                 

 

子犬の頃は、お留守番をさせると帰宅後はケージの中がうんちまみれ・・(T_T)

ワンちゃんの体にもうんちが付着してる・・
なんて話をよく耳にします。
子犬は、ウンチを汚いものだとか、食べてはいけないものだとは認識していませんので
食べてしまう・・なんてこともあります。
おしっこだってしているでしょうから、かなり不衛生な状態ですよね。

こちらが疲れていようが、ワンちゃんには関係ありません
汚れたまま放置するわけにもいきませんものね。
すぐに体を綺麗にしてあげなくてはいけませんし
ケージの中も、元通りに片付けてあげないといけませんね。

赤ちゃんなのだから、分からなくて当然なんですが、自分に余裕がなくなってしまうと
つい叱ってしまいそうになるかもしれません・・(これ、絶対にやめてくださいね)
ウチは食糞(うんちを食べてしまう)をする時期があり
食糞防止スプレーを使ってみましたが、全く効果がありませんでした。

予想していなかったことや、思わぬハプニングがあったりしますが乗り越えられますか?

category: フレンチブルドッグと暮らす前に

tb: 0   cm: 0

△top

愛犬のためなら自分の時間を犠牲にできますか? 

 

お散歩の時間は作れますか?
まず、ワンちゃんを飼うと、お散歩に連れて行かなければいけませんね。

ワンちゃんの特徴のひとつ、基本お散歩が大好きな子が大半です。
中には、臆病で怖がりな性格の子はお散歩が苦手かもしれません。
(ウチがそうです、徐々に改善されていっていますが)

ワンちゃんがいなければ、お散歩に行かなくて済みます。
日々のお散歩は欠かせませんので
貴重な自分の時間をワンちゃんに捧げなければいけません。

ウチの子は、長い時間のお散歩は要しませんが
太りやすい体質なので、運動のためのお散歩は必須です。
フレンチブルドッグは暑さに弱い犬種ですので、夏場は朝の4時や5時に行っています。

眠いのでサボりたくなるのが本心です(^_^;)
体調がすぐれないときなんかは、お散歩に行くのがめんどくさいと思う時もあります(笑)
雨のときは行かないので、降ってくれると「ラッキー」って思ってしまいます(笑)

お散歩から帰って来ると、お散歩で出したウンチの処分をします。
浴室に連れて行き、毛が詰まらないように、排水溝を塞いでからブラッシングをします。
そして洗面器にお湯をはって脚を洗います。
私がやると,とても嫌がるので四苦八苦です(^_^;)
そして,お湯で絞ったタオルで顔や体を拭きます。

それが済むと、浴室から上がり洗って濡れた脚を乾いたタオルで拭いてあげます。
浴室で出た毛の処分をします。
これが朝の日課で毎日ですよ(^-^)
決して、几帳面な性格ではない私(^^ゞですら
ほぼ毎日、愛犬の為にやっています。

朝はとてもバタバタするので、寝坊をしてしまうとエライことになってしまいます(笑)
夏は汗だくになってしまいますので、シャワーをしてから出勤準備です。
朝から大忙しです(^_^;)

夫と手分けしながらやっていますので、負担は半分に軽減されますが
おひとりでお住まいの方は、全てご自身でやらなければいけませんが大丈夫ですか?

とーちゃんかーちゃんいつもありがと
2010_1230_111438-002.jpg


category: フレンチブルドッグと暮らす前に

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。