はじめてのフレンチブルドッグ

                

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ノミ・ダニ予防 

 

ワンちゃんが、ノミやダニに刺されたり
体に寄生すると激しいかゆみや皮膚炎を起こします。

かきむしった所に、細菌などの二次感染を
起こしてしまうと症状も悪化し
かゆみはますます激しくなります。

*ノミ
高温多湿の場所を好みます。
そのため、春から夏そして梅雨の時期は
繁殖しやすい季節になります。

*ダニ
ワンちゃんに寄生するダニは「マダニ」といいます。
河原や公園、山林などの草むらに潜んでいます。
お散歩中など、ワンちゃんの皮膚にくっついて吸血し
激しいかゆみを引き起こします。

寒い時期になったら、ノミやダニは発生しないと思いがちですが
最近では、エアコンなどの快適な住環境により
冬でも繁殖することができる環境にあります。

夏に比べると、冬はノミの数が少ないかもしれませんが
フレンチブルドッグの様なアレルギー体質の子は
たとえ一匹の寄生でも、皮膚病になってしまう可能性があります。

フレンチブルドッグの場合は季節問わずノミ・マダニ予防は
1年を通して行った方が私は良いと考えています。

そして、日頃からブラッシングやシャンプーで清潔を心がけるとともに
ノミやダニを寄せつけないよう予防しましょう。

室内でのノミ・ダニ対策

*部屋の隅々までこまめにお掃除

*ワンちゃんが使っている、ベッドやタオルやお布団
クッションや布製のおもちゃなどは消毒しましょう。
(5分程、熱湯につけてから丁寧に洗い、干すのが効果的です)

私は熱湯につけた後、洗ってからさらに洗濯機に回してから干します^^;

先日(10月)ウチの子は3年ぶりに皮膚炎になりました。
幸い、薬用のシャンプーで改善されましたが
飼い主の都合で、毎月欠かさず病院で行っていたノミ、ダニ予防を
サボってしまったことが原因だと思っています。

日頃から、シャンプーやブラッシングでケアをしているし
「涼しくなってきたし今回はいいや」なんて勝手な思い込みで
皮膚トラブルを引き起こしてしまいました。
反省・・(-_-メ)






スポンサーサイト

category: ノミ・ダニ予防

tb: 0   cm: 2

△top

ノミ・ダニ予防 

 

予防薬

ノミ・ダニ予防薬は、様々な種類があります。
その中でも、動物病院で処方される予防薬は
「フロントライン」いう医薬品です。
効果は約1か月持続します。

医薬品ですので、ペットショップやホームセンターやスーパーでは
取り扱っていません。

*スポットタイプ
犬の首の後ろに(肩甲骨の間くらい)に薬剤を滴下します。
フロントライン


*スプレータイプ
全身に噴射するスプレーです。速攻性があるのが特徴です。
201311300.jpg



24時間以内に全身にいきわたり、効果を発揮します。
乾けば舐めても大丈夫ですので、ワンちゃんの体に負担がかかりません。
スプレータイプは、ワンちゃんの犬の体だけでなく室内やケージなどにも
使うことができます。

動物病院で購入できます。

フロントラインは「農薬」「劇薬」
と言われ、推奨しない人もおられますが
わたしの個人的な考えは
副作用のないお薬はないと思っていますので
リスクは受け入れます。

皮膚炎やかゆみで苦しむよりはいいと
思っています^^

副作用は
*舐めた後よだれを流すことがある
*まれにアレルギーが起こる
と、言われていますが、基本的にフロントラインは
なめられない部分に使うものですので
よだれの副作用については、使い方を間違えなければ
大丈夫だと認識しています。

ノミ・ダニ予防薬は市販でも
販売されていますが、医薬品ではありませんので
効果はうすいとされています。

今までは月に1回病院でお世話になりましたが
これからはフロントラインは家で・・と購入しました。
病院だとお高いのでネットでの購入です^^;
201311301.jpg



category: ノミ・ダニ予防

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。